働き方を知るアドバンテックでの働き方をご紹介します。

研修体制

働く社員の未来を一番に考える
アドバンテックのサポート体制。

私たちアドバンテックは、「人は企業の財産である」という理念のもと、教育・研修、資格取得サポート、専用システムによるフォロー体制、福利厚生等、社員の自己目標の実現と幸せを一番に考え、サポート体制の充実を図っています。それはひとえに、社員が成長し、高いモチベーションを持って仕事に励めることが事業の礎(いしずえ)と考えるからです。 アドバンテックは、今後も社員をソフトとハード両面からサポートすることによって、お取引先企業、ひいては社会への貢献を果たしていきます。

社員研修

配属前にビジネスマナー研修、安全衛生研修、個人情報保護法等の機密保持に関する教育・研修を行い、社会人としての基礎を学びます。さらに、就業中の技術研修・技術者専門研修を通して、研究者としてのスキルをアップさせ、キャリアを積み上げながら自己目標の実現を目指します。

分析化学技術者養成コース

研究現場で用いられる多彩な機器に触れながら、活きた知識を学ぶ

化学分析の基礎の習得を目的とした10日間のプログラムです。現場で実際に使われている様々な機器や装置に触れ、手を動かしながら、実験を通じて学んでいきます。
ホールピペットやメスフラスコの扱い方など「知らなかったら分析の精度に影響するような基礎」から丁寧に指導。装置を操作する場合も、手順を覚えるだけでなく作業の意味まで理解を促します。
また研究者として求められるコミュニケーション能力の指導や「現場で見落としがちなミス」など、実体験に基づく活きた知識の伝授も交えて、シビアな結果が求められる企業の現場にスムースに順応し、即戦力として活躍できる人材を養成していきます。
研究現場で用いられる多彩な機器に触れながら、活きた知識を学ぶ 研究現場で用いられる多彩な機器に触れながら、活きた知識を学ぶ

研修内容はこちら

細胞培養技術者養成コース

解凍から凍結保存までを確実に行える細胞培養技術を身につける。

再生医療の分野でも注目を集め、ニーズが急速に拡大中の細胞培養技術者。ニーズが増える反面、まだノウハウの確立した育成機関が少ないのが現状です。そんな中、細胞培養の知識や技術が基礎から学べることで好評いただいているコースです。細胞は生き物です。作業スピードが遅ければ、信頼性のある実験ができなくなる難しさがあります。そういった観点から器具の持ち方の練習から始まり、各器具の扱い方、作業性を意識した下準備、正しい観察や記録の取り方など、「抗生物質を使わずに目的細胞を培養できる力」を育むことに注力。研究現場で必ず活きる技術と知識を学んでいただけます。また「これから細胞関連の研究室を立ち上げたい」というニーズにも対応。必要な施設や技術の相談も可能です。
解凍から凍結保存までを確実に行える細胞培養技術を身につける。 解凍から凍結保存までを確実に行える細胞培養技術を身につける。

研修内容はこちら

研究開発職の専門研修

研究開発の技術者向け専門研修を、東京・大阪・兵庫・愛知・九州に創設した自社施設および、提携企業にて随時実施しています。いずれも最前線の現場で指揮を執る講師陣による講義と実習を展開しており、高い専門性と即戦力のスキルを取得できます。

  • 東京研修センター東京研修センター
  • 大阪研修センター大阪研修センター
  • 神戸バイオHRDセンター神戸バイオHRDセンター
  • 名古屋の研修センター名古屋の研修センター
  • 福岡研修センター福岡研修センター